診療案内

当院の診療方針

東京大学附属病院小児科、国立小児病院(現・国立成育医療センター)、都立八王子小児病院、都立小児総合医療センターで診療をおこなって参りました経験を生かし、小児科専門医、内分泌専門医の視点からお子さまにとってもっとも良い医療を考えていきます。
低身長や内分泌疾患の診療は毎日おこなっています。

低身長、内分泌疾患

身長が低くなる原因は人によってさまざまです。その対応はひとりひとりの方の体質によっても、受診時の年齢によっても違ってきます。
成長ホルモン分泌不全、ターナー症候群、SGA性低身長など、成長ホルモン療法の保険適応が認められている体質では成長期に入る前の早い時期から成長ホルモンの注射を開始することによって、大人になった時の身長(最終身長)を改善することができます。

しかし実際には身長の低い人の大半は上記のような成長ホルモン療法が保険適応となる体質とは異なります。また最近では、野球などのスポーツの分野で活躍したい方、モデル、芸能、宝塚などの道を目指す方、パイロット受験を考えている方からのご相談も増えてきました。

それらの方でも、男性では成長期に入った段階で骨が大人になるのを遅らせる治療と、男性ホルモンに似た作用を持つ内服薬を併用することによって最終身長を改善することが期待できます(ただしこれらの治療は保険適応が認められておらず自費診療となります。
自費診療の詳細はこちら
これらの治療は骨がまだ成熟していない早い年齢から開始するほど治療効果が期待できるため、早期の受診をおすすめします)。

女性では骨の成熟を遅らせる治療に成長ホルモンの注射を併用するという選択肢が考えられますが、ご注意いただきたいのは自己負担での成長ホルモンの注射は効果が得られるのに十分な量を投与するには高額な費用がかかります。

*ちなみに値段を抑えるための少ない量での成長ホルモン注射、成長ホルモンの舌下投与、そのほか各種サプリメントなどはそれ自体で身長を伸ばす効果は期待できません。

当院ではご本人の低身長の原因となった病態を正確に把握し、ひとりひとりの体質にあった治療を総合的に判断していきます。
その他、甲状腺疾患、思春期早発症などのホルモンに関する疾患を持った方についても治療をおこなっていきます。

*身長の御相談で受診される方はお子さまの母子手帳、幼稚園/小学校/中学校の身体測定の記録をお持ちください。

母子手帳にある成長曲線は重要です!

現在は同じ身長であっても、赤線のグラフのお子さま青線のグラフのお子さまに比べて注意すべき原因のある可能性が高いと考えられます。

お子様の成長曲線

小児科、思春期内科、アレルギー内科

当院では乳児、保育園/幼稚園児から、小学生、中高生まで診療をおこないます。
かぜ、インフルエンザ、胃腸炎、発疹の見られる感染症など、小児のかかりやすい内科系疾患を診療していきます。ネブライザーを使った吸入療法、オリーブ管による鼻水の吸引などもおこないます。
また、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患にも対応していきます。

予防接種

最近は日本でも欧米にならって定期接種するワクチンが増えました。そのおかげで細菌性髄膜炎などの重い感染症にかかる子どもたちは減少してきています。このようなワクチンで防げる病気にお子さまたちがかからないよう、以下のワクチンもおこなっていきます。

定期接種B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、四種混合、BCG、MR、みずぼうそう、日本脳炎
任意接種ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザ

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

乳児健診

乳児健診は小児科医がお子さまの発育、発達を見守り、注意すべき病気がないかを調べる大切な場です。
発育、発達の重要な道しるべとなる生後6~7ヵ月、9~10ヵ月、1歳6ヵ月の健診をおこなっていきます。身長、体重の増加について内分泌専門医の視点で評価をしていきます。発達のおくれや注意すべき病気が疑われた場合には、適切な時期に地域の病院への紹介をおこなっていきます。

診療時間

診療カレンダー

診療時間の変更や、臨時休診となる場合があります。
最新の情報については、お知らせをご確認ください。

ごとう小児科・成長クリニックは世田谷区豪徳寺の小児科・身長専門外来・思春期内科・アレルギー科です。
お子さんの健康を願うご家族が気軽に受診できるクリニックを目指します。

アクセス

ごとう小児科・成長クリニックのアクセス・周辺地図

世田谷区豪徳寺1-22-3 ユアーズ1F

駐車場は近隣のパーキングをご利用ください。
pの部分が、駐車場です。

駐車場の詳細はこちら